固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【Fallout4】オタコンがゆく 第30話 バンカー・ヒル

乗り上げた帆船「USSコンスティチューション」が、ついに飛び立つべく動き出した。装備の修理を頼まれたオタコンは、あちこちの工場へ東奔西走するが


1.バンカー・ヒル

スカベンジャーから誘導チップを取り戻したあとは、甲板長からパワーリレーコイルの調達を頼まれた。そこらのプロテクトロンを壊せば出てくる気もするが(苦笑)、さすがに今回のクエストでは不謹慎だろう
マーカーが差す場所には、巨大な尖塔が立っている。前作でGNRが電波を飛ばした国立記念碑を思い出すが

バンカーヒル2

近づくと、鋭い目つきの女性に誰何された

バンカーのリーダー・ケスラー

ケスラーというと、某SF大河の憲兵総監を思い出すが、ここはこの女性が仕切っているようだ
「レイダーか、キャラバンか」と聞かれて、苦し紛れに「キャラバン」と答えると、「奥で店を出せるけど、売り上げから何割か戴くわよ」。場所代は別とか言うから、ちゃっかりしている
ディーコンも上記の画像のとおり、ダイヤモンドシティを脅かせるほどの可能性を秘めていると高評価

メグという子に案内を頼むと、10capで「奥に店、さらに奥にトイレ」みたいなことで済まされ、ブチ切れそうになったほか、中の人たちは特に悪い人たちはいない
レアなアーマーを取り扱う防具商人ルース、主人公のPIP-BOYに目をつける骨董品専門(?)のストックマン、親子喧嘩が楽しそうなジョーとトニーの酒場、そして

バンカーヒルのデブから調達

肝心のパワーリレーコイルは、デブという女性から調達。名前はデブだが、向こうなら普通の体格の女の子である
彼女がいわば雑貨屋、スカベンジャーであり、コミュニティで物資が不足したときの供給元に使えそうだ


2.マイアラーク・ハンターからのスマブラ状態

次に調達する部品はポセイドン・レーダー誘導機船首側にアンテナがついており、これで前方の地形を読み取っていたのだろうか
ともあれ、ポセイドンの製品はポセイドン社の施設でと、その名もポセイドン・エネルギータービン#18へと向かう。その途中で出会ったのが

謎のスカベン スクラップ・ラット

スカベンジャーの集団を率いるスクラップ・ラット。帆船でスカベンジャーを敵に回したことから、こちらをつけ狙ってきたのだろうか、最初から敵対している
相手には気づかれなかったし、船長からあまり死人を出さないよう言われているので、木立に逃れて戦闘を回避していおいた

ポセイドン・レーダー工場

ポセイドン・エネルギー・タービンは、見た目こそでかい施設だったが、レーダーのある箇所は広くなかった
ただし、敵はGやブロードフライの上位種。強さはともかく、見た目の精神的ダメージは大きい(苦笑)
それでも軽い戦闘でレーダー誘導機を確保し、ロックピックのスキル本「今日のタンプラー」まで手に入れて、ほくほく顔で帰途に着こうとしたとき、悲劇が起こった
なんと、地中からマイアラーク・ハンターが突如わいたのだ。ハンター種はお初で、見かけは普通のマイアラークから変わって、まさにロブスター!
あまりの驚きにスクリーンショットを忘れたがな
とりあえず距離をとって地雷でも撒こうと、駆け足でその横を通り過ぎたが…

ウェスト・エバレットの私有地

ウェスト・エバレットの私有地になる場所に駆け込んだことが、大乱戦の幕開けとなった
私有地にはSMたちが拠点としており、三つ巴の乱戦とあいなったのだ。SMは手強くてもかつて知ったる相手なので、やりやすい。ハンター種ロブスター姿なので移動時に足が多いからか、地雷の一撃でも移動力が落ちない強敵なのだ

さて、SMにハンター種をおしつけてぬか喜びしていたが、今度はこちらにスクラップ・ラットの一団が銃撃!
とりあえず、姿をくらませてこれもSMへ押し付けた。そして、残った彼らをグレネードの遠投で削って、仕留める。これがウェストランドを生き抜く知略ってやつよ

私有地の激戦

さて、私有地が空っぽになったところで安全に家捜しできると思ったら、大乱戦の第二幕が開く
主人公と同じことを考えたのか、レイダーが入り込んできていて、残存したSMと激しい戦闘を繰り広げていたのだ
さらにそこに現われたのが、騎兵隊ならぬBOS! なんという戦況の変化であろう
そんなこんなで結果的には孤立したSMに、対SM用ショットガンをぶっぱなすだけで済んでしまった
ここのボス、ハンマーも哀れ、BOSとの戦闘で蜂の巣に。BOS側にも被害は出ているので、もう剥ぎ取り放題である
伝説化したレイダーやSMから、レア武器を拾えたがクリティカルダメージが増える「ラッキーの杖」やら、VATSのAP消費量が減るパイプレンチと微妙な代物であった


3.宇宙戦艦コンスティチューション

お次はターボポンプベアリングを近くの工場から取ってくれ、とのこと。四つ目のお遣いである
その目的地となったのが

コルベガ工場ふたたび

あの広大なるコルベガ工場である。おそらくはランダムなのだろう
一度攻略したから、ステージとしてはそれほど苦にはならなかったが、こいつをみてくれ

ヌカ持ちのレイダーとか

見張りのレイダーがヌカランをもっておった!! しかもパワーアーマーとか、こんなもんがワラワラでてきたら、とんでもないぞ
仮にもBOSに所属しているからだろうか、ここにもベルチバードが飛んできてレイダーと派手な一戦を始める
さすがに基地内部まで入ってこなかったが、ここでもずいぶんと楽をさせてもらった
ターボポンプペアリングは、以前来たときにレイダーのボスがいた最奥に置かれていて、難なく奪取できた

スカベンとの激闘

ペアリングを船に取り付けて、船長に報告へ行くと褒めて貰った瞬間に、スカベンジャーの総攻撃が始まる
今回は下から甲板へ目がけての射撃のみならず、艦内での白兵戦にも及ぶ。スカベンジャーの数は多く、健闘空しく壊れていくプロテクトロン。スカベン側は主人公のレベルの都合か、ミサイルランチャーまで持ち出してくるので、油断ならない

船長のご褒美

スカベンジャーを撃退したところで、船長からこれまでのお礼として担げる大砲(!)をいただける。弾はおそらく、キャッスルの弾薬庫に眠っていたものでいけるのだろう
弾薬の供給に苦労するのは目に見えているので、お蔵入りの記念品になりそう

そして最後のお遣いは、外に出てブレーカーを下ろすだけのお仕事

ブレーカーで出航へ

左舷にあるアパートに上り、壊れたハンディがある場所にブレーカーはある。下ろすと電気が供給され、帆船のロケットに火が点く!

USS出航

さらばボストン

空飛ぶUSS

目指せ、大西洋へ。不死身の乗組員♪

空飛ぶUSS3

え? 次は違うビルに乗り上げたの?(爆)
アイアンサイズ船長は「この計算なら、一世紀後に大西洋に出られる」と、超ポジティヴシンキング。ほんと、たまげたなあ
日本人にとっては、松本零士臭がぷんぷんのたまらないクエストであった。アイアンサイズ船長などのロボットのキャラクターとか、銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトをごちゃまぜにしたようで、楽しくて仕方がない


前回 【Fallout4】オタコンがゆく 第29話 USSコンスティチューション

Fallout 4 - PS4
Fallout 4 - PS4
posted with amazlet at 17.04.16
ベセスダ・ソフトワークス (2015-12-17)
売り上げランキング: 284

【Fallout4】オタコンがゆく 第29話 USSコンスティチューション

ディーコンとともにBOSに潜入したオタコン。スクライブ・ヘイレンから戦前の電気機器の回収を頼まれるが、友軍(BOS)のベルチバードが墜落して地下鉄への道をふさがれてしまった。はたして、再読み込みで撤去なるか


1.トリニティ・プラザ

ゲームを立ち上げ直して、リビア・ビーチ駅へ行ってみると

リビア・ピーチ駅地下

墜落したベルチバードがどこかへ行き、何もなかったかのように上空でパトロールしていたのであった(笑)
内部は地上と同じくレイダーのアジトながら、でかいGも出てくる嫌なロケーション。主人公のレベルと比例してレイダーの武装も上がっていくからか、起動させたプロテクトロンも大した戦果を挙げる前に撃破されてしまった
それでもパワーアーマーを着たディーコンミニガンまで装備させた今となっては、敵ではない

ナイト・リースに頼まれた掃討のイベントでは、トリニティ・タワー近くのトリニティ・プラザへ向かった

トリニティプラザ

内部はタワーと同じく、SMの巣窟。プラザと聞くと、日本人はショッピングモールを思い浮かべてしまうが、スペイン語で公共の広場の意。ここでのプラザは、公民館ならぬ教会なのであった

トリニティプラザ内部

意外とSMの数は少なかったが、スキル本「驚くほど素晴らしい話」が手に入り、その効果は対SMでダメージ5%増し。まじ、素晴らしい
これならトリニティ・タワーのクエストを受ける前に、クリアしておくんだった


2.USSクエスト再び

なんだかBOSのクエストを続けるのが億劫になってきたので、レールロードのクエストに戻ることに。カウンティー・クロッシングにFTして、なんとなく途中のUSSコンスティチューションの甲板に戻ってみたが

スカベンとの防衛戦を続ける船長

なんとアイアンサイズ船長が正常に動き出したのだ!
どうもイベント読み込みの段階にバグがあるらしく、台詞とクエストの順番がおかしくなって止まっていたようだ。今回は少し待っているうちに、ちゃんと最初の依頼の処理につながった模様。前作と台詞の仕様が代わり、芝居が細かくなったので処理がややこしくなっている
ぼちぼちの改善をお願いしたいところだ

スカベンの襲撃

船長から甲板長と一級航海士の要望を聞いて欲しいと頼まれたところで、船に襲撃が来る!
主人公とほぼ同業のスカベンジャーたちである。船長は命を奪うのは最後の手段だというが、実際に発砲されてはそうも言ってられない。見張りのハンディが接近戦で次々と血祭りに挙げていくし、一定数倒さないとフラグが立たないようなのだ

USSの甲板長

スカベンジャーを退けたところで、艦内スタッフの依頼に答えていく
ひょうきんな甲板長の依頼は船体の修理。最初に頼まれるのは、三ヶ所のケーブル修理
INT3あれば応急処置できるが、まあ工具箱に入っている新しいケーブルに取り替えておく。INT3で応急処置できるのに、まったくもってポンコツなハンディである


3.強欲なスカベン陣営

一級航海士から頼まれるのは、スカベンジャーたちに盗まれたという誘導チップの奪還。持っているのは

マンディも第三者ぶるが

あの頑固そうなオバハン、マンディ・スタイルズ
スカベンジャーの襲撃については、われわれと違う連中が勝手にやったことだと距離を置く振りをする。あの襲撃は主人公が簡単に甲板に上がったことから、好機と観たスカベンたちの攻撃というのだ
第三者ぶりつつも彼女は主人公に対して、あつかましく帆船の乗っ取りを持ちかけてくる。特に船に備え付けられたロケットは、ダイヤモンドシティで何年も暮らせるだけの大金になると息巻いている
アイアンサイズ船長に戦前の陸軍とのつながりで信用された身としては、彼女の申し出は受け入れがたい
はっきりと断ると、「命だけは取らないから、とっとと出て行け」。交渉で誘導チップの奪還は無理のようだ。こうなったら……

NX-42誘導チップ

そこでディーコンを待機させながら、ステルスボーイを発動!
ゆっくりゆっくり歩きながら、誘導チップのあるキャビネットを目指していく
が、その目の前を見張る傭兵には見咎められて発砲され、一目散に逃亡することに。特にスカベン側に死傷者は出ず、銃弾は最後の手段という船長の要望を守ることができた


*各話のタイトルをFO3、NVと同じように、日本語、だいたい地名に戻した
 昔のアニメのように洒落た和製英語で埋めたかったけど、荷が重かったのである。なにせ、基本語がエキサイト翻訳に頼るという英語力だから(爆


次回 【Fallout4】オタコンがゆく 第30話 バンカー・ヒル
前回 【Fallout4】オタコンがゆく 第28話 湾岸警備隊埠頭

Fallout 4 - PS4
Fallout 4 - PS4
posted with amazlet at 17.04.16
ベセスダ・ソフトワークス (2015-12-17)
売り上げランキング: 284

【Fallout4】オタコンがゆく 第28話 湾岸警備隊埠頭

相方をレールロードのディーコンに変えて、BOSとレールロードのクエストへ踏み込んでいく。メインストーリー的にはミニッツメンが本命で、両組織がそれにどう関わるかをはかるための偵察だ


1.ディーコンとBOSを偵察

ディーコンを仲間にすべく、レールロードの本部へ。リーダーのデズデモーナに会うと、彼女はBOSへの警戒感を露わにする

レールロードはBOS敵視

ある程度の情報は仕入れていて、BOSの巨大な飛行船はプリドゥエンと呼ばれている。自らによる科学技術の統制を信条とするBOSは、人造人間の実存を認めないのでは、と甘い見方をしないように釘を差していた
しかし、これからやろうというのは、諜報員であるディーコンを巻き込んで、BOSへ潜入することである

さっそく変装したタモさん

本部では剥げていたタモさんディーコンは、ケンブリッジ警察本部前ではかぶっている(笑)。服装もウェストランド風だ
ちなみに建物の前では、パワーアーマーを着たBOSナイトシニア・スクライブが援軍として到着していた

主人公のBOS入り

本部に入ると、さっそくパラディン・ダンススクライブ・ヘイレンナイト・リースに主人公を紹介する。現地採用のヘイレンはともかくも、親子代々BOSのリースは、ダンスが主人公をナイトに推薦したことが気に入らないようだ
ダンスは例の飛行船プリドゥエンに主人公ともに招集されているものの、まだ準備が揃わないのでヘイレンとリースの仕事を手伝って欲しいといわれる


2.湾岸警備隊埠頭

スクライブ・ヘイレンから頼まれるのは、大戦で散らばってしまった戦前の技術の回収である。要は示された拠点に隠されたクエストアイテムを回収すればよい

湾岸警備隊埠頭

最初の目標は、湾岸警備隊埠頭。SMの拠点となっていた
珍しくスエサイド種を爆発させずに倒しきり、あとは上のようにリコンスコープのスナイパーライフルで狙撃。ハイテクであるリコンスコープで敵を覗くと、『FARCRY3』のカメラよろしく、マーキングして追いかけてくれる。一度マークしてしまえば、隠れた敵も位置が分かるので、使わない手はない
が、いかんせん見た目がダサい!(苦笑) このゲームはこのパターンが多いので、悩ましいところである

流束センサー

クエストアイテムはこれ。もう一度受けても、同じアイテムを求められたので、ヘイレンのクエストもこれ固定かも

驚くほど素晴らしい話 スコープつきボーナス

警備隊の地下牢を開けると、武器のダメージを増やすスキル本
ヘイレンやリースのクエストはランダムで拠点を選ぶので、何もなしに探検に行くのなら受けたほうが、経験値を稼ぎやすい


3.レールロードの秘密

リースのクエストは、指定された拠点の制圧が目標となる。最奥の目標だけ倒せばいいので、ヘイレンのクエストと自由度はさほど変わらない。もっとも、ステルスボーイを使わないなら、結局やることは同じだろうか

伝説のデスクローあらわる

リースのクエストは、ケンブリッジ警察署近くのガレージスクエア駅フェラール・グール退治だった。ランダムで遭遇するフェラールよりは、ランクは低かった
ヘイレンの二度目のクエストではリビア・ビーチ駅に向かうが、そこでは伝説のデスクローに遭遇!
しかし高度差があったので、一方的に狙撃して勝ててしまったのであった。ただ、地響きを起こす踏みつけなど、デスクローの特殊攻撃も拝見して、前作より間違いなくパワーアップしている

カメレオンのレザーアーマー

そして伝説のデスクローからせしめたのが、ステルス能力を増すカメレオンのレザーアーマー(右腕)。スネークリスペクトでステルス能力を尖らせたいが、右腕にはすでに動物の攻撃力を減らすハンターのレザーをつけていたので、この選択も悩ましい

ちなみにこのリビア・ビーチ駅では、地上部分でレイダーとBOSの大銃撃戦が巻き起こり

ベルチバードで塞がる地下鉄

墜落したベルチバードに地下鉄を塞がれた(爆)。まさか、こんな展開が待っていようとは
仕方ないのでBOSのクエストをひとまず置いて、レールロードを進めようか

ディーコンが黒幕

ディーコンはロックピックやハッキングの成功で新密度が上がり昔の電気機器を拾うと感心してくれる。意に反したガラクタを拾うと下がるようだが、普通に行動していれば仲良くなりやすいパートナーだ
で、そうこうしているうちに会話イベントで発覚したのがこの事実。なんと、ディーコンはレールロードの創設に関わった古株であり、デズデモーナは表向きのリーダーだというのだ。創設のメンバーには、前作で主人公を追いまわしたワッツの名前もあり、ディーコンはかなりの歳だということになる。彼が頻繁に整形するのは、年齢を悟られないためでもあるのだ
レールロードの目的は第三世代の人造人間の解放に集中しているが、他のことに関心がないわけではない。主人公にはいろんな集団が連邦にはあるが、それぞれ表向きの目的よりもその組織の行動を見つめろと、警告してくる。あるいは、このディーコンの台詞がゲームのメッセージなのかもしれない
もっとも、ディーコンはよく嘘をつくそうなので、この話が本当だという証拠はどこにもないのだが……


次回 【Fallout4】オタコンがゆく 第29話 USSコンスティチューション
前回 【Fallout4】オタコンがゆく 第27話 ミルトン・ジェネラル病院

Fallout 4 - PS4
Fallout 4 - PS4
posted with amazlet at 17.04.09
ベセスダ・ソフトワークス (2015-12-17)
売り上げランキング: 270

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。