固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


【Fallout4】オタコンがゆく 第52話 バンカーヒルの戦い

ジャック・カボットのクエストを無事、解決した。メインストーリーを進めるきっかけになるかと、インスのファーザーの元へ報告に向かうと、新しい仕事を頼まれる。バンカーヒルに逃げ込んだ人造人間たちを取り戻したいというのだが……


1.バンカーヒルの戦い

リベルタリアのクエストの報告にショーンの元に戻ると

なかなか決裂しない

ショーンにインスの考え方をボロカスにいうが、彼も親父をなるべく取り込みたいのか、まだこちらに依頼を頼んでくる
今回も人造人間の奪還が目的だが、規模が異なる。‟四体”の人造人間がレールロードの手引きでバンカーヒルに逃げ込んでおり、それを奪い返すだけでなくレールロードへの報復もかねているというのだ
結局、会話しているうちに引き受ける流れになってしまったが

バンカーヒルの戦いでのオプション

クエストの内容を確認すると、オプションとして「レールロードに知らせる」項目がある。ミニッツメンはこの作戦に関わりないので、とりあえずレールロードに赴いてみたが、デズデモーナが例によって「レールロードにつけ」とうるさく話が進まない
仕方ないので勝手に人造人間を解放する方向で進めてみることにした

三つ巴の戦い

バンカーヒルは大変な戦場である。人造人間の軍団レールロードが応戦したかと思いきや、なぜかBOSも駆けつけてきた。BOSのほうは飛行船までは行かずに寸止めしているので、進行しておけばそちら側で参加できたのだろうか
インス、BOS、レールロードのどれとも敵対していないので、お付きのコーサーこそ戦い出すものの、こちらは攻撃の目標とならない。勝手に死んでいって武器や物資は取り放題である
人造人間に人間が殺されるのは癪なので、インスの人造人間を片付けていくと、内部ではレールロードが生き残った。BOSもガトリングレーザーを持っているが、レールロード側もガウスライフルで対抗しているのだ
装甲面でもレールロードは、バリスティック・ウィーブで強化したアーマード・スーツを着ていて防御力も高い。MK4段階のを着ている者もいたから、彼らの科学力も伊達ではない

四人の人造人間

奥には四人の人造人間がいる。みんな、おどおどしていたので、「逃がしてやる」と声をかけたが、そこにコーサーがやってきた。コーサーは人造人間を破壊したりはしないので、こちらにリコールコードを唱えるように急かすだけだ
なので

コーサー死すべし

そこで仲間扱いのコーサーを撃ち抜く! この選択を迫るところだけ、彼の不死属性が解けるようだ
このコーサーはあまり強くなく、コンバットショットガンのごり押しで倒せた
四人の人造人間は生き残ったレールロードに任せて、ファーザーへ報告に行ってやろう
戦利品を漁りがてら、バンカーヒルの塔を登り詰めると、ラブ&リブ」のスキル本が手に入った。異性を説得すると上昇する経験値+50%という地味なボーナスである


2.ショーンとの決別、ならず?

ショーンは今回、地下基地ではなく地上の廃墟に上がってきている。報告にはC.I.T廃墟の屋上へ赴かねばならない

廃墟の上に立つファーザー

ファーザーはCIT大広間の屋上で待っている

CIT大広間

MITならぬ、CIT大広間の内部には、SMと人造人間が終わらない銃撃戦をしている。もう何度か立ち入っているので、構造は分かっている
屋上に上がれる階段と各階に上がる階段を間違えなければ、迷うことはない

まだまだ決裂しない

ショーンは実際のウェイストランドを観て、自分の正しさを再確認したようだ。「人類の未来は地下にこそある」
そして主人公が冷凍で生かされていた理由を明かして見せる。完全なDNAを保っているのは赤ん坊のショーンだったが、もし不慮の事故や病気でなくなってしまった場合、リザーブとして主人公を残しておくことが作戦に組み込まれていたのだ
主人公を解放したのも、ショーンの決断で近いDNAを持つオタコンを、ウェイストランドに解放したらどうなるか見てみたかったから。もう親を実験に使うのを怒るべきなのか、それなりに気遣っているのを褒めるべきなのか
今回の作戦についても、「もうウンザリだ」と人造人間を解放した経緯を伝えたが、彼は怒るものの最後の返答が甘かったのか、次なるインスティチュートのクエストが始まってしまった
このゲームの難点は、会話の選択が四種類で、そのニュアンスが本気なのか皮肉で言っているのか分からないところ(苦笑)。想像したニュアンスと結果の違いに、愕然とすることが結構ある。そういうイベントが始まる前にセーブを残しておくべきだろう


前回 【Fallout4】オタコンがゆく 第51話 ハルシジェン社

Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2017-09-28)
売り上げランキング: 352

【Fallout4】オタコンがゆく 第51話 ハルシジェン社

ジャックが謎の血清を持ち出すパーソンズ州立病院は、レイダーの襲撃を受けた。ジャックが恐れる、父ロレンゾの解放とはなんのか。カボット家の秘密が今、明かされる


1.カボット家の秘密

別ルートの扉を開放したところで、ジャックはこちらの疑問に答えてくれる
ジャックの一家は、謎の血清によってほとんど不老といえるほど加齢を押さえていたのだ。彼らは実質400歳であり、オタコンより遥かに年上なのである
その血清の源こそ、ジャックの父ロレンゾなのだが、ロレンゾはアラビアの砂漠でエイリアンの都市を発見し、その証拠の品として遺物を持ち帰った。それが原因でロレンゾは血液が変化し、老化しなくなっただけでなく、頑丈過ぎる身体と粗暴な性格、謎の念動力まで身に着けてしまったという
そのため、ジャックは父を病院の研究室に閉じ込め、遺物の解除を研究しつつその産物である血清を生かして、不老の効果を得ているのだ

レイダーとジャックと親父

最深部へたどり着くと、すでにレイダーたちが解除に向かっていた
ジャックはセキュリティを開放するから、「早くレイダーたちを倒してくれ」。幸い、レフティというボスを持つレイダーたちは、大して強くない。至近距離からショットガンを連発して倒していく
お次にジャックから指示されるのは、ロレンゾを閉じ込める扉を開かないように手動に切り替える四か所のレバーを引くこと。しばらくすると、ジャックはロレンゾに向けてゼータ放射線を浴びせていく

くたばった親父

強がっていたロレンゾも次第に衰弱していった。早めに部屋を開けてしまうと、ロレンゾを解放したことになるのだろうか
ロレンゾがこと切れた後、部屋に入るとバイパーちゃんに怒られたが(苦笑)、中には

マサチューセッツ外科ジャーナル

マサチューセッツ外科ジャーナル」なるスキル本が。手足へのダメージが2%上げる、悪くない効果だ。怒られても、入ってみるもんである
ロレンゾはジャックの言う遺物を頭に載せていたが、スーツ以外は取れなかった。この遺物こそが、ロレンゾを怪物に変えた原因であり、不老の血清を作る材料だった。これからカボット家は、普通の人間に戻って老化と戦うこととなるだろう
さて、父の死を見届けたロレンゾは、500capほどの報酬をくれて、一週間ほどすればさらにご褒美をくれるそうだ


2.ハルシジェン社

スターライト・ドライブインに戻って、バイパーからプレストンに仲間を切り替えようとしたら

早くもうろつきだした二人

さっき分かれたばかりのジャックとエドワードに出会った。
ジャックは新しい研究のために素材集めをしていて、水晶入りのジャンクがあれば引き取ってくれる。まあ、エドワードが元気になって良かったよ

ハルシジェン社

メインストーリーの進展がないので、行っていないロケーションの探索に出かける
州立議事堂近くのハルシジェン社なる跡地は

中は有毒ガスが

中は化学物質が漏れたらしく、緑色のガスが下に積もっている。そのなかで、なぜかガンナーたちが同士討ちを繰り返している。どういうことだろうか?
ターミナルよると、ハルシジェン社は暴徒鎮圧用に無力化ガスを開発していたらしく、その失敗作には人を好戦的にする副作用があったらしい。現状を見ると、単に好戦的になるだけでなく、精神錯乱を起こすようだが
開発者のターミナルを観察していくと、ド外道な行為を淡々と重ねていて苦笑せざる得ない

透明化もするガンナーコマンド

主人公の特権で有毒ガスの影響はまったく受けなかったのだが(苦笑)、一部の地帯だけは例外。毒が充満して一気にHPが減るエリアがある。放射能ではないが、防護服で無事に突破できた(鍵開けで安全に突破できるルートもあったよう…)
ガスの向こうにいたのは、ガンナーコマンダー。彼もガスの影響を受けていて、そこらへんにガンナーの死体が転がっている。ステルスボーイにスティムパックを使っているが、装甲が厚くないのでショットガンでごり押しできてしまった
ここにはエナジーウェポンのダメージを増やすスキル本「テスラサイエンスが落ちているし、敵が勝手に同士討ちして減っていくから、薄気味悪い場所だが攻略しやすいロケーションである


次回 【Fallout4】オタコンがゆく 第52話 バンカーヒルの戦い
前回 【Fallout4】オタコンがゆく 第50話 チャールズ・ビュー野外劇場

Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2017-09-28)
売り上げランキング: 380

【Fallout4】オタコンがゆく 第50話 チャールズ・ビュー野外劇場

戦前の家屋を保つ謎の存在、ジャック・カボットの依頼で、血清を取り戻したオタコン。お次は、行方不明になったジャックの妹エモジーンの捜索に出かけることに。多情な彼女は誰とひっついた?


1.ジャズバー、サードレール

カボット一家の放蕩娘エモジーンは、新しい男と逃げたとおぼしいが、まずは彼女がよく立ち寄る場所をあたってみる。エドワード・ティーガンと知り合ったグッドネイバーのバー「サードレールで聞き込みにあたる

ジャズバー サードレール

印象的な歌手が渋く歌ういいバーだが、客はみんな‟流れ者”という名のモブばかり。誰にエモジーンのことを聞けばいいのだ
違う部屋へ進んでいくと

助っ人 マグレディ

二人のならず者に詰問されつつ、激しい口調で追い返す男がいた
彼の名はマクレディ。二人の追手はガンナーであり、マクレディはそこに所属していたものの、殺戮と略奪に明け暮れる組織に嫌気が差して脱退したようだ
主人公に対しては、元傭兵らしくクールに返してくる。250cap払えば、仲間になってくれるようだ

ジャズ歌手 マグノリア2

エモジーンについては、店の看板歌手マグノリアが語ってくれた
彼女によると、エモジーンはブラザー・トーマスと名乗る宗教家に勧誘されて、そのコミュニティに連れ込まれたらしい。用心棒のハムからもらったチラシには、コミュニティの場所はバック湾のチャールズ・ビュー野外劇場とある

*ちなみに、マグノリアの曲は原語で声をあてている女優リンダ・カーターの書き下ろしだそうで。てっきり同姓同名だと思いきや、70年代にテレビ版『ワンダーウーマン』でムーヴメントをおこした往年のスター本人であった


2.チャールズ・ビュー野外劇場

チャールズ・ビュー野外劇場は、カボット邸からそう遠くはない。遠くからはドームが見えて、近づくとそれが半分になっているのが分かる

チャールズ・ビュー野外劇場

劇場には燃えるタイヤの周りに普段着の人が囲んでいて、ステージの上に宗教家らしい背広姿の男女がいる

うさんくさいブラザー・トーマス

近づくと、カイゼル髭を生やした男が歩きだしてくる。彼こそがブラザー・トーマスである
いかにも胡散臭いおっさんで、こんなもんに引っかかるエモジーンとはいったい(笑)
主人公のCHRが「6+1」なのが利いたのか、単に小心だからなのか、最初は「会わせられない」といっても、強気に押して説得できてしまった

ややこしそうなエモジーン

エモジーンは控室にいた。その風貌はジャックの妹には見えないほどの老けっぷり。実年齢はいったい何歳なんだ?
彼女いわく、最初のトーマスは情熱的で惹かれたけど、ここに来たとたんに上手くいかなくなったとか。変な宗教に入れようとするとお冠だ
まあ、とにかく平和的に連れ帰れてよかったわい


3.州立病院の死闘

エモジーンは「そのうちに帰ると伝えてくれ」と姿を消し、オタコンは一足先にカボット邸

ジャックにエドワードからの緊急無線

そこにはエドワードからの通信を受けるジャックの姿があった。パーソンズ州立病院に、レイダーの集団が侵入したそうなのだ
ジャックはオタコンに救援を頼みつつ、自らも州立病院へ向かうという

ジャックのマラソン始まる

普通に州立病院へFTすればいいのだが、せっかくなのでジャックの後をつけることにした
クエストの重要人物なので、守らなくても不死属性である。いちおう、ロケーションに近づきすぎないように移動していくが、ランダムイベントのポイントなのは意識しないので、デス様にも果敢に戦いを挑む
放射能汚染の気にせず突き進むが、川を泳ぐモーションが設定されていないのか、立ち止まってしまう。そのうちにSMに発見されて大戦闘になるとか、なかなか楽しませてもらった
いちおう、放置しても迂回してたどり着くみたいだが、やはりFTするのが手っ取り早いだろう

バーサークレイダー

州立病院にはガンナーとおぼしき傭兵の死体と、レイダーの群れで埋まっていた。レイダーの中には、謎の血清の力によってダメージ耐性を強化されたバーサークレイダーが接近戦を挑んでくる。血清を利用されたことで、今回の襲撃を傭兵たちは阻止できなかったのだ
たしかにタフいが、近接の武器が強くないので、プレイヤーに苦になるほどではない

重傷のエドワード

院長室とおぼしき部屋では、エドワードが腹を押さえて倒れていた。彼はレイダーが到達する前に、エレベーターを最下層に送り機能不全にしたらしい
まだ使われていない別ルートで、レイダーを追い越すことに。果たして、レイダーたちに先回りできるのか、病院に閉じ込められたジャックの父ロレンゾに秘められた謎とは?

次回 【Fallout4】オタコンがゆく 第51話 ハルシジェン社
前回 【Fallout4】オタコンがゆく 第49話 パーソンズ州立病院

Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2017-09-28)
売り上げランキング: 368

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。